笑顔のカップルと黄色のカプセル
笑顔のカップル

ラブグラは、女性の不感症やオーガズム不全といった性機能障害の悩みを改善させる、生活の質を向上させる薬です。
ちゃんとした医薬品なので、サプリメントなどのように曖昧な効果のものではありません。
医薬品はサプリメントに比べて、基準が高い検査をクリアしているからです。
ラブグラは、男性のバイアグラとほとんど同じような作用を持っています。
有効成分も同じで、この成分がPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という血管を狭くしてしまう酵素の働きを抑えることで、女性器やクリトリス周辺の血流をアップして性機能障害を克服させることができます。
ジェネリック医薬品は特許が切れて、いろいろなメーカーで作られています。
新薬は開発に何年もかかり、膨大な人件費をかけているので薬の値段が高いですが、ジェネリック医薬品はその開発費が上乗せされていないので、とても安くつかうことができます。
ネットで販売されているラブグラの値段は、業者によって異なりますが、だいたい1錠あたり280円くらいで買うことができます。
300円以下で使えるのが嬉しい薬です。

記事一覧
女性の不感症治療専門薬ラブグラは頭痛薬と併用できる?

自分が不感症ではないかと思っている女性は意外と多いようです。 セックス時に快感を得られないと、女性としてはセックス自体が辛い行為になってしまいます。 ですが、自分で治す事も難しいため、悩んでいる方が多いのです。 不感症でセックスを楽しめないという、悩みを持っている方は「ラブグラ」という内服薬を試してみてはいかがでしょう。 ラブグラは女性用バイアグラと言われている、女性用の不感症や性的欲求を満たしてくれる薬です。 サプリメントのような怪しいものでは無く、クリニックで処方される治療専門薬となっています。 不感症になってしまう原因は色々とありますが、膣内が濡れにくかったりすると、性交痛が起こり性的刺激で快感を得にくくなるようです。 また、ストレスが溜まる事でも、性的な刺激を感じにくくなります。 ラブグラに配合されているクエン酸 シルデナフィルという有効成分は、女性器周辺の血行を良くする効果を発揮します。 膣内の血流が上がると膣潤もアップしやすいようです。また、血行促進によって神経が敏感になり、外陰部などの刺激を感じやすくなります。 血流が増加すると興奮する作用もあるので、ラブグラを服用すると間接的に精神的な興奮も得られやすくなるようです。 ただ、医薬品ですので副作用が起こる場合もあります。 副作用には色々な症状がありますが、頭痛は良く起こる副作用のようです。 クエン酸 シルデナフィルの作用で、脳の血管が拡張し頭痛を起こしやすくなるのです。 ラブグラには一緒に服用してはいけない薬があります。 もし、頭痛が起こった際に頭痛薬を服用しても良いのか気になる所です。 禁止されている薬には心臓病に処方される薬が挙げられます。 今のところ、頭痛薬を一緒に服用してはいけないという注意書きはありません。 ただ、毎回頭痛が起こるという場合は、服用する量を減らすなどして対処しましょう。

2019年12月04日
高血圧の女性はラブグラを飲んでも大丈夫?

女性用バイアグラとして有名なラブグラは、不感症や性的興奮に障害のある女性が使用するための飲み薬で、男性用のバイアグラと同様に血流増進によって性器への感覚を取り戻す作用があります。 ラブグラは個人輸入サイトから購入することができるので、不感症なら通販でラブグラを注文してみるとよろしいです。 有効成分のシルデナフィルは、元々男性の勃起障害を改善するために開発されたものですが、女性用にも流用できることが分かったことからラブグラが発売されています。 性器周辺の血管を拡張することで血行が促進され、膣液の分泌が良くなることで性交痛や感度が上昇すると言われます。 しかし、血圧に大きく関わる医薬品であることから、男性用のときと同じ高血圧の症状がある人は使用に注意しなくてはいけません。 血圧が若干高めな予備軍と呼ばれるような人なら問題はありませんが、すでに症状が酷く治療を受けている場合はかかりつけの医師に相談します。 高血圧症の治療薬の一部は、命に関わるものもあり併用禁忌が存在するため、必ず確認しなくてはいけません。 特にニトログリセリン系の硝酸剤は、過去に併用して死亡したケースもあるので注意が必要です。 ラブグラに使用されている成分のシルデナフィルは、元々高血圧症の治療薬として開発されていた経緯から、血圧を低下させる作用を持ちます。 そのため、同じような降圧剤となるカルシウム拮抗薬、ARB、ACE阻害薬などの併用は、注意点も多いので医師に相談して使用しましょう。 似た様な効果を持つ医薬品を併用すると相互作用によって血中濃度が上昇して、急激な血圧低下を招いたり、思わぬ副作用を引き起こす原因となります。 治療薬を併用しなくても、単剤での使用で血圧が低下するので、数値のコントロールをしているような人は注意しなくてはいけません。

2019年08月21日
SEXで違和感を感じたら|ラブグラは空腹時に飲む

特別身体に症状はないけれども、SEXのときに違和感を感じるという場合には女性性機能障害(FSD)の可能性があります。 男性には勃起しづらい、維持できないというED(勃起障害)がありますが、FSDはEDの女性版です。 ただ、男性のEDの原因の多くが動脈硬化などの血管障害であるのに対して、FSDは心理的な問題が原因で起こることが多いです。 例えば性に対して嫌悪感を持っていたり、母親が干渉しすぎて自立できていなかったり、レイプの体験などのトラウマを抱えてしまったようなことが原因で発症することが多いです。 加齢によるホルモン不足や膀胱炎、膣炎、糖尿病、などの身体の不具合が原因で起こることもあるので、もし違和感を感じたら早めに病院を受診したほうが良いでしょう。最近では女性用の医療クリニックもあるので、婦人科のようないかにも女性の性の悩みという診療科を受診しなくても済むようになっています。 不感症やオーガズム不全といった症状に対しては、ラブグラという薬が有効です。ラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれる薬で、男性のバイアグラと同じように血管拡張を維持する働きがあります。すると女性器周辺の血流がアップして感度が上がり、膣が潤いやすくなるので、症状を改善することができます。 ラブグラを飲むタイミングですが、これは空腹時がベストです。有効成分がアルコールや食事によって吸収を妨げられやすいので、しっかり効果を出したいのであれば何もお腹に入っていない状態で飲みましょう。 高脂肪食を食べたあとは、しばらく時間があいていても胃腸に脂肪の膜ができて薬の成分の吸収を妨げてしまう可能性があるので、使う予定がある日はあっさりした食事をとるようにしましょう。

2019年10月31日
ラブグラと飲み物の併用は効果の妨げになるのか?

ラブグラは女性用のバイアグラと呼ばれ、不感症の改善などに利用される飲み薬です。 飲み薬の試験では、通常水かぬるま湯で確認されるので、効果的な飲み方をするのであればそれ以外の飲み物で併用する意味はありません。 ただし、水やぬるま湯を用意できない場合、どのような飲み物で服用すれば良いか気になることもあるので、併用できるものとできないものを理解しておくことも重要です。 ラブグラに配合されている成分は、血管を拡張させる働きを持つシルデナフィルと呼ばれるものです。 主に陰部周辺の一酸化窒素を活性化させることで血流を増進し、膣内の分泌液を増やすことで性交痛や感度の問題を改善するようになっています。 血液の流れが良くなるため、アルコールと一緒に使用すると酔いが回りやすくなることが知られています。 性行時の緊張感を紛らわせるためにお酒を飲んで挑むといった人も多いですが、深酒をすると感度が鈍くなったり、アルコールが急激に回って意識を失うこともあるので注意しましょう。 適量であれば問題はないので、水などを用意できなかった場合の代替手段としては問題ありません。 最近では酩酊状態にした女性に乱暴を働く事件などもありますが、ちょっとエッチな女の子と楽しく遊びたいのであれば都会でも地方でも遊び方は様々あります。 キャバクラに行ったりもそうでしょうし、地方の大都市である札幌であれば、キャバクラではおさわりが出来ますし札幌コンパニオンと宴会やパーティがしたい方はそちらを利用してみるのも良いでしょう。 その時こっそりと媚薬を持ってみるのがOKかどうかは問い合わせましょう。 また、医薬品と一緒に併用するのに禁忌とされることの多いグレープフルーツを含む柑橘系のジュースは、血中濃度を上昇させて血圧を著しく変化させるため、なるべく使用しないようにします。 脂質の多い牛乳などの乳製品は、体内への吸収を妨げることになるので一緒に飲むようなことは控えましょう。 コーヒーはミルクなどが含まれていなければ問題ありませんが、缶コーヒーなどは注意しなくてはいけません。 お茶との併用は基本的に問題ありませんが、使用して効果が出なかったという場合は併用は控えた方が良いでしょう。

2019年09月09日
ラブグラは即効性をもって性交の悩みを解決します

男性にもEDなどのように性交の悩みがあるように女性にも性交の悩みがあります。 その症状は、脳では感じているのに、濡れない、濡れないので挿入が痛い。 痛いので本当はセックスが怖い、クリトリスが勃起しない、女性器が感じないなどです。 脳が感じているだからそれらはこれ以上心の中で努力してもどうにもならないために、それらの悩みは、深刻な悩みとなっています。 しかし、ラブグラはそれらを即効性を持って解決する治療薬です。 なぜラブグラに即効性があるのか?それは、ラブグラが、血管に対する改善薬だからです。 その仕組みを知っていると安心できます。 ラブグラは、これらの悩みを持つ人のための女性用ED治療薬です。 簡単に言えば、女性版バイアグラの役目をして勃起不全を改善します。 その為に、バイアグラと同じ成分が入っていますが、どのように改善するのかというと、血行の流れを改善して解決します。 そもそも、EDはなぜ起こるかというと、血管の障害によって起こります。 男性も女性も、ペニスやクリトリスの勃起には、血流の流れがよくなければなりません。 また女性の場合は、女性器や膣の中の血行がよくないと、女性器が濡れずに性交が痛かったり、その為に不感症になってしまいます。 その為に、血行を改善すると、女性器は沢山ぬれるようになり、性交の痛みはなくなります。 さらに濡れることによりみずみずしくなって、ますます感じやすくなります。 また血行が良くなることでクリトリスも勃起しやすくなります。 その血行を良くするのが、ラブグラの成分であるクエン酸シルディナフルです。 クエン酸シルディナフルは血管の中に取り込まれると、1時間ほどで血管内にとりこまれ、血管を拡張する働きがあります。 その結果、服用してわずか1時間ほどで血行がよくなって、ED改善の効果が現れます。 そのため、ラブグラは即効性を持って悩みが解決することができます。

2019年09月27日