• ホーム
  • ラブグラと飲み物の併用は効果の妨げになるのか?

ラブグラと飲み物の併用は効果の妨げになるのか?

2019年09月09日
薬を飲んでいる女性

ラブグラは女性用のバイアグラと呼ばれ、不感症の改善などに利用される飲み薬です。
飲み薬の試験では、通常水かぬるま湯で確認されるので、効果的な飲み方をするのであればそれ以外の飲み物で併用する意味はありません。
ただし、水やぬるま湯を用意できない場合、どのような飲み物で服用すれば良いか気になることもあるので、併用できるものとできないものを理解しておくことも重要です。
ラブグラに配合されている成分は、血管を拡張させる働きを持つシルデナフィルと呼ばれるものです。
主に陰部周辺の一酸化窒素を活性化させることで血流を増進し、膣内の分泌液を増やすことで性交痛や感度の問題を改善するようになっています。
血液の流れが良くなるため、アルコールと一緒に使用すると酔いが回りやすくなることが知られています。
性行時の緊張感を紛らわせるためにお酒を飲んで挑むといった人も多いですが、深酒をすると感度が鈍くなったり、アルコールが急激に回って意識を失うこともあるので注意しましょう。
適量であれば問題はないので、水などを用意できなかった場合の代替手段としては問題ありません。

最近では酩酊状態にした女性に乱暴を働く事件などもありますが、ちょっとエッチな女の子と楽しく遊びたいのであれば都会でも地方でも遊び方は様々あります。
キャバクラに行ったりもそうでしょうし、地方の大都市である札幌であれば、キャバクラではおさわりが出来ますし札幌コンパニオンと宴会やパーティがしたい方はそちらを利用してみるのも良いでしょう。
その時こっそりと媚薬を持ってみるのがOKかどうかは問い合わせましょう。

また、医薬品と一緒に併用するのに禁忌とされることの多いグレープフルーツを含む柑橘系のジュースは、血中濃度を上昇させて血圧を著しく変化させるため、なるべく使用しないようにします。
脂質の多い牛乳などの乳製品は、体内への吸収を妨げることになるので一緒に飲むようなことは控えましょう。
コーヒーはミルクなどが含まれていなければ問題ありませんが、缶コーヒーなどは注意しなくてはいけません。
お茶との併用は基本的に問題ありませんが、使用して効果が出なかったという場合は併用は控えた方が良いでしょう。